高専セミナー5/30レポート

岐阜工業高等専門学校から講師をお招きしてセミナーを開催しました。

岐阜高専セミナー!5/30

副校長 北川 秀夫 教授(ロボット工学、計測工学をご専門にされている先生です 研究室 研究概要

テーマ/高専の魅力
内容/ロボコンや主な研究成果、卒業生の進路、高専生の生活、入試制度
実施日/2021年5月30日(日) 12:45~13:15

DSCN4057.JPG


北川先生が強調されたことは 自発的に学ぶことの大切さ
与えられたことをこなすことはたしかに必要だけれど、自ら課題を発見し、解決する力がなければ、学んだことを活かせないし、研究を進めることができない
そのような能力は、大学や社会が必要としている力
変えていくために欠かせないからだ
一足早く問題解決の訓練ができる、ということは高専ならではと思いました。

学校紹介では平凡な普通科との違いがまざまざと伝えられ、みんなの目の輝やきはいつになく キラキラしていました。

よくある疑問
高専は5年間って、みんなとちがうけど、そのあとどうなるんだろう

実際は
2人に1人が編入または進学して
国立学士(国立大卒)を取得して活躍
編入試験を公募していない東大や京大が
高専ルートを唯一認めている点も
注目に値する

もちろん、就職したい人は就職できる
就職希望者1人に20~70の会社が求人を出す
旧帝大といわれている有名大の学生でも結構落ちてきますので
先生がお世話してくれるのはとても力強い

あまり知られていない身近な優良校
岐阜高専
ぜひチャレンジしてください

もっち先輩 登場



北川先生のセミナーが始まる前に、アチーブ26期生で岐阜高専(環境都市工学科)5年生の もっち先輩(日比野元洋くん) が案内役として高専生の生活についてお話してくれました

DSCN4055.JPG


在校生の実体験はリアリティがあって参考になります
みんな食い入るように話を聞いていました

それにしても もっちくん 話がとてもうまくなり立派になった印象を受けました
これも高専の教育のおかげだと思います

北川先生の個別相談のサポートも担当してくれました

北川先生、もっちくん、そして、ご参加いただいた皆様
本当にありがとうございました

綾部宏明(あやべひろあき)

おまけ
当日は26期生がこぞって集まり、同期会が開かれていました。いつまでも仲良くしてください。

この記事へのトラックバック
アチーブ進学会

More Information



アチーブ進学会いつなんじ君

いつなんじ君


mail-contact-free13.png

人気ブログランキング